飲酒運転に対する厳しい罰則

飲酒運転には厳しい罰則が与えられます!

飲酒運転による死亡事故率は、アルコールを飲んでいない場合と比べて8.4倍に上がると言われています(平成28年中)

例え少量のアルコールでも、車両の運転は決して行ってはいけません。

注意力や判断力の低下は、お酒を飲んでいても意外と気づかないものです。

飲酒運転はダメ!絶対

アルコールに強い・慣れている人間でも、少量の飲酒によって正常な運転ができなくなることが各調査研究により明らかにされていますので、お酒を飲んだら絶対に車両を運転しないようにしましょう。

運転者に対する行政処分

酒酔い運転(車両の正常な運転が困難な状態)


  • 違反点数35点
  • 免許取り消し 欠格期間3年間(※1)

酒気帯び運転


呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg~0.25mg

  • 違反点数13点
  • 免許停止90日(※2)

呼気1リットル中のアルコール濃度が0.25mg以上

  • 違反点数25点
  • 免許取り消し 欠格期間2年間(※1)

(※1)欠格期間とは、免許が取り消された後に再度取得可能になるまでの期間

(※2)過去の前歴および違反点数が無い場合

罰則について

車両の”運転者”


酒酔い運転を行った場合

5年以下の懲役 又は 100万円以下の罰金

酒気帯び運転を行った場合

3年以下の懲役 又は 50万円以下の罰金

車両の”提供者”


運転者が酒酔い運転を行った場合

5年以下の懲役 又は 100万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転を行った場合

3年以下の懲役 又は 50万円以下の罰金

アルコールの”提供者” 又は ”同乗者”


運転者が酒酔い運転を行った場合

3年以下の懲役 又は 50万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転を行った場合

2年以下の懲役 又は 30万円以下の罰金

シェアする